少年がそのまま大人になったヒーロー 『腹黒社長のニセモノ婚約者』 黒羽緋翠

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 21:22

ティーンズラブも読みます。

ということで、題名ですべてを物語っている『腹黒社長のニセモノ婚約者』の感想です。

 

私、勘違いをしておりました。

この表紙のヒロイン、柚香ちゃんというのですが、大人しく真面目な奥手な子だと思いきや、結構はっきり言うのです。

あ、でも基本慎ましやかで可愛いんですけどね。

はっきり言う相手は、腹黒社長の神室柊也氏。

この社長はスマートな大人……かと思いきや、題名にも書いた通り、少年がそのまま成長したかのような人です。

もちろん、仕事はできます。

見た目もいいです。

社会的には、紳士で優秀なエリート社長です。

ただ柚香にだけ、いじわるなんですね。

ほら、小さい子が「好きな子はいじめちゃう」ってまさにそれ。

なんか読んでいて、とても微笑ましくなりました。

 

あらすじを簡単に書きますと、柚香ちゃんにはお守り代わりにしているキーホルダーがあります。

子供の頃、仲の良い男の子に貰ったものです。

それを、会社で大役を任された時に持っていたのですが、うっかり落としてしまうんですね。

そして拾ってくれたのが、腹黒社長の柊也です。

彼は言います。「返してほしければ、俺の婚約者のフリをしろ」

そこから、「婚約者」としてのあれやこれやが始まるわけです。

 

柊也がただのいじわるな人で終わらないのは、強烈なまでの愛情アピールがあるからだと思います。

なんだかんだと言いながら、柚香ちゃんをすごく可愛がり、大事にしてくれ、褒めてくれるんですよ。

もちろん素直には言いませんけどね、認めてくれているんです。

あと、TLだから当然? エッチに対して積極的です。

そういうシーンはセクシーなのに、普段はいじわるな男の子。

でも仕事ができて大人で、あれ? って、なんか不思議な感覚になりました。

まあ、私から見ると大体主人公たちは年下なので、今回の場合は特に「うんうん、がんばれがんばれ」ってなっていたんですけどね。

 

もっと素直になれば、もっと早くに結ばれるのにねえ……と思うのがロマンス小説。

これも、もだもださせられますが、ラストはハッピーなので幸せです。

コメント
コメントする